グループホームを探すなら私はココをお勧めしますよ。

グループホームを探すためのお勧めサイトもご紹介

こんにちは、 “お役立ち情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山と申します。

今回は、【グループホーム】をお探しの方に、お勧めのサイトをご紹介いたします。

どうぞ最後までお付き合いください。

グループホームとは?

グループホームとは認知症対応型老人共同生活援助事業という事業に分類されている老人ホームで、認知症高齢者を対象として、少人数での共同生活をすることができる施設のことを言います。

最大の特徴は家庭的な雰囲気であり、施設の作りも老人ホームでありながら家庭的な面を押し出しているところが多くなっています。

これはグループホームが家としての機能を備えている施設であると言うところがポイントとなっていて、家に近い環境の中で入居者の能力に応じてそれぞれが、料理や掃除などの役割を持ちながら自立した生活を送るようになります。

そのため、部屋も個室対応をしているところが一般的ですし、室内に設置できる家具も備え付けのもの以外は自宅から持ち込むことが可能となっています。

ですので、入居する高齢者にとっては家で過ごしていた環境をそのまま施設に持ち込めるようになっているところが魅力となっており、そうすることによって認知症状の緩和・進行予防に努めることができるようになっています。

さらにグループホームはユニット単位での運営となっていて、1ユニットの定員が9名と限定されています。

これは認知症高齢者にとって人の顔を覚える事が難しくなっている事が理由とされており、少人数にすることによって、顔なじみを作りやすくし、また環境に馴染みやすくしていると言われています。

また、地域密着型サービスという特徴を持っており、施設と同一地域内に住民票がある高齢者を対象としていますので、顔なじみである地域の人たちとの交流も大切にしながら生活する事ができるようになっています。

そうしたことから、地域でのイベントに積極的に参加するなど馴染みある環境での生活を維持しやすく、施設だけではなく地域の人たちで認知症高齢者を支えるというスタイルが魅力と言えるでしょう。

スタッフに関しても、認知症に関する知識や理解・対応できる技術力を持った人間を育成・配置しているので安心して預ける事ができるようになっていますし、施設によってどのような特徴を持っているのかと言うところも異なっているので、多種多様な特色を持ったグループホームがあるというところが他の老人ホームと異なるポイントとして挙げられます。

グループホームの費用

では、グループホームを利用するための費用は一体どれくらいかかるのでしょうか?

その内訳としては、入居する時にかかる費用と月額でかかる費用の2種類に分かれます。

まず入居する時にかかる費用としては入居一時金や保証金などが該当しており、施設によっては不要としているところもありますが、一般的には100万円ほどかかるのが相場とされています。

ちなみに保証金は、簡単に言ってしまえば敷金のような取り扱いになっていますので、退去する際には修繕費や清掃費などを差し引いた金額が返ってくるようになっています。

ただし、これらのやり取りではトラブルが発生している事が多いため、事前に契約書などでどのようになっているのか確認する事が大切です。

そして月額でかかってくるものとしては、居住費・食費・日常生活費などに加えて要介護度によって異なってくる介護保険負担と言うものがあります。

介護保険の負担以外の面についての相場としては、およそ12万円ほどだとされていて、こちらも施設によってどの程度かかってくるのかは異なっています。

おむつ代などの介護に必要な費用もこちらに分類されています。

自治体によってはこれらの費用は補助制度を導入しているところもあり、障がい者や難病患者などで非課税の方などの場合に限りますが、利用する事ができる場合もあるようです。

そしてグループホームでは、これらの費用のほかにもサービス内容によって加えられる“加算”というものがあります。

こちらも施設によって、どのような加算が行われているのかは違っているのですが、加算が行われているという事はそれだけサービスが手厚くなっている事を意味しています。

内容としては、例えば連携している医療機関があることを示している「医療連携体制加算」や、見取り対応を行っている「見取り介護加算」、さらに近年増えてきている「若年性認知症利用者受け入れ加算」など多岐に渡って加算されています。

一つ一つの加算の料金は百円単位と大きくはないのですが、それぞれの加算は月額料金に含まれているので、加算の数が大きければ多いほど経済的な負担も増えてくるという事になります。

グループホームの入所基準

そして最も気になっているのが、グループホームに入居するための基準ではないでしょうか。

まず基本として、介護保険サービスを利用する施設となっていますので「65歳以上」であることが条件に入ります。

ただし、若年性認知症などの例外については、65歳未満でも入居する事ができる場合があるようです。

そして要介護度も入居条件に入っており、こちらはどのようなグループホームであっても一律で「要支援2から要介護5」までとされています。

そのため、自立・要支援1の段階では入居する事ができないようになっていますし、夫婦で入居を検討している場合はどちらも要支援2以上でなければ利用できないという事になります。

また、グループホーム特有の条件として言われているのが、上記でも説明した「施設と同一地域内に住民票がある」というものです。

これは、家族ではなく本人が対象となっていますので、利用したいグループホームが地域外であった場合は、何らかの形で住民票を地域内に移す必要があります。

同じくグループホーム特有の条件としてもうひとつ言われているのが、「認知症の診断を受けている事」です。

こちらも絶対的な条件とされており、認知症対応型だからこその条件となっています。

ですので、入居する前には必ず認知症専門医から診断書を貰っておく必要があり、それによって入居できるかどうかの判断が行われるとされています。

ほかにも絶対ではないのですが、いくつかの条件として言われているものがあります。

例えば「共同生活ができるかどうか」という点です。

認知症の症状によっては、暴力など他者に危害を加えるものがありすが、そのような危険性があると判断された場合には受け入れてもらえないという可能性がでてきます。

また、「医療行為の有無」もグループホームの入所基準のひとつとされていて、施設で対応できるものかどうかといった点は大きなポイントになっています。

これについては施設が医療連携を取っているのかどうか、看護師を配置しているのかどうかによって異なりますし、家族がどこまで病院対応ができるのかといったところも判断基準にされています。

グループホームのメリット

グループホームのメリットとしては、まず認知症に特化した老人ホームということで認知症の高齢者が過ごしやすいように配慮されているというところが挙げられます。

そもそもの運営に関してもそうなのですが、入所しても今まで家で生活していたような環境を維持する事ができるので症状を急激に進行させることなく、その人らしい穏やかな生活を維持する事ができるようになっています。

特に少人数での生活というのは、認知症高齢者にとって精神的に最も刺激が少ない環境だとされているので、精神的に安定しやすくなっているというメリットもあります。

また、不安定になってしまった場合にも、少人数であれば少し距離を置けば落ち着くと言う事もありますので対応しやすくなっていますし、そういった面でも精神的に不安定になりにくいと言えます。

さらにグループホームでは、認知症に関する専門スタッフが配置されていると点で、認知症に対する理解や知識を備えているからこそ、より高度な対応をすることができるようになっています。

本人にとってもそうですが、家族にとっては認知症というものが身近ではないという人も多いですし、突然家族が認知症になってしまってどうすればいいのか分からない、誰に相談していいのか分からない等々、戸惑っている方や状況を受け入れられないという方も多くいらっしゃいます。

そのような場合に、認知症の専門スタッフがついているというのは非常に安心感がありますし、自分たちの代わりに対応してくれると言う事は勿論ですが、その行動や言動がどういうものなのかという判らない部分に関して教えてもらうということも出来ます。

そこから本人も家族も、徐々に認知症に関して受け入れることができるようになるという点では、グループホームの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

さらには、入居している家族同士で認知症の家族がいるという悩みを共感しあう事ができるという点で、入居している人たち同士での交流がしやすくなっているところは勿論なのですが、家族同士でも交流しやすくなっているというところも専門施設ならではのメリットと言えるでしょう。

グループホームのデメリット

一方、グループホームのデメリットとしては挙げられているのが“厳しい入居条件”ということです。

と言うのも、そもそもグループホームは認知症対応型の施設ですので、入居するためには認知症という診断を受けている必要があり、診断がない場合には入居できないようになっています。

そしてもうひとつの絶対的な条件として言われているのが、施設がある地域に住民票があるかどうかというところです。

これは上記でも説明したように、グループホームが地域密着型のサービスを提供しているためであり、対象エリア外から入居する事が難しくなっているのです。

ただし、この条件に関しては住民票の移動によって解消する事ができるようになっていますので、近隣に家族がいるなどの場合は、そういった対応をする事でクリアできるようになっています。

また、認知症高齢者1人1人に役割を持たせて生活するようになっていますので、共同生活が難しいという人や重度の認知症を患っているという人の場合は受け入れてもらえないという可能性もあります。

同時に医療行為を必要としている人の場合も、条件によっては受け入れてもらえないというところもあり、これはグループホームがどこまでの医療行為に対応しているのかといった点がポイントになっています。

近年では看護師や連携病院を確保しているところも増えてきてはいますが、まだまだ対応し切れていないと言うのが現状ですので、この点は今後の改善に期待したいと思います。

それからもうひとつのデメリットとして言われているのが費用の面で、他の老人ホームと比較すると、どうしても費用が高額になってしまっている点が挙げられています。

そのため、それほどお金に余裕がない人の場合は難しい面がありますし、夫婦で入居したいと考えている人にとっては、それぞれの個室を用意してもらうことになるので費用負担が大きくなりがちです。

ほかにもデメリットとなっているのが、少人数対応であることから相性が悪いと孤立しやすいという点が挙げられます。

それぞれの施設に特色がありますので、合う、合わない、がどうしても大きく出やすくなっています。

グループホームを探すなら『LIFULL介護』をお勧めします!

グループホームというのは全国の色々な地域にありますので、自分たちにあった施設を探しやすくはなっているのですが、実際に自分たちの地域にどのようなグループホームがあるのか判らないと言う人も少なくありません。

そんな人に是非お勧めしたいのが、老人ホーム検索サイト『LIFULL介護(旧HOME'S介護)』なんです。

『LIFULL介護』はグループホームはもちろんのこと、全国32,000件以上の老人ホームや有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅、特別養護老人ホーム(特養)などの情報を紹介している業界最大級の介護施設検索ポータルサイトですの、安心して利用できます。

また、情報を提供するだけではなく資料請求などにも対応していますので、非常に使い勝手もよくなっています。

資料請求の際にはお気に入り機能や一括請求機能などを利用する事ができ、より多くのグループホームの情報を集める、管理する事ができるようになっていることが特徴と言えます。

また、検索する内容としても、希望しているエリアや条件を絞って検索する事ができるようになっていますので、自分たちの希望に合った施設を探しやすくなっていますし、人気のあるグループホームやテーマ別の施設なども特集としてまとめられているので、比較対象として参考にしやすくなっています。

掲載されている情報に関しても細かな情報が提供されていますので、詳しく確認する事ができるようになっているというところが魅力ですし、写真つきで情報提供されているので賃貸住宅を探すような感覚で閲覧する事ができます。

しかも文字が簡単に大きくできますので、高齢者の人が探したいといった場合でも分かりやすいですし、簡単に印刷する事もできますので、落ち着いて情報をゆっくり調べたいという人にも使いやすくなっています。

このように老人ホームの検索サイトとしては、『LIFULL介護』は非常に使いやすくなっているところが特徴になっており、実際に利用する場合には会員登録をする必要もありませんので、面倒な手続きをしなくても簡単に資料を請求をすることができるようになっています。

これからグループホームを探したい、とりあえず情報を集めておきたいといった方は、しっかり【LIFULL介護】をチェックしておくのが良いと思います♪


公式サイト

【グループホーム】を探すお勧めサイト『LIFULL介護』はコチラへ


■LINK■
  • グループホーム - Wikipedia
    グループホーム(group home)とは、病気や障害などで生活に困難を抱えた人達が、専門スタッフ等の援助を受けながら、小人数、一般の住宅で生活する社会的介護の形態のことである。